保険診療

 

保険診療とは

 

 日常生活に起こった原因のわかる急性の負傷には、健康保険が適用されます。

 

 例)腰痛首肩の痛み捻挫打撲肉離れ等

 

※急性の負傷とは、受診日から10日以内の負傷をさします。

※骨折・脱臼の継続的な治療には医師の同意が必要となります。

 

 

治療目的

 

 負傷部位の除痛。

 

 

両国堂治療院の保険治療の特長

 

急激に痛めた箇所には必ず強い力の負荷がかかっています。

その結果、負傷箇所の関節バランスがくずれ使いづらく」「回復しづらく」「負傷しやすい場所が作られてしまいます。

 

両国堂治療院では、衝撃によりくずれた関節バランスを整え、治りやすくなる環境の土台作りをします。それにより「痛みのある箇所や、患部周辺へ行うマッサージ」や「痛い箇所にかける電気」などの従来の方法と比べ、より早く痛みを軽減させより再発しにくい身体の回復へ治療をして行きます。

 

 

治療順序

 
①症状や発症時期、病歴などをしっかりと問診していきます。


②痛みの状態、原因を検査法を使い調べます。


③検査により出てきた痛みの原因を、整復術(柔道整復マッサージ等)により施術します。


④必要に応じ、保温・冷却を行い症状の緩和に導きます。


⑤必要に応じ、物理療法を行います。 

 両国堂治療院の物理療法
 ・干渉波治療器
 ・水圧式マッサージベット


⑥必要に応じ、安全に早く治る状態で固定します。


⑦再発防止のためのアドバイスをします。

 

 

保険診療を受けるにあたっての注意点

 

健康保険の使える整骨院・接骨院とは、柔道整復師法によって国家資格免許を受けた柔道整復師が、柔道整復術によって外傷による運動器の損傷(ケガ)を治療する施設です。

 

柔道整復術とは、保険のきく整体・マッサージではありませんので、ケガとして各種保険を使用するのにはいつ」「何をして」が明確である必要があります。

 

 

以下の場合、自費診療となります

 ・ 痛めた原因が不明な場合。

 ・ 痛めた時期が受診日から10日以前の場合。

 ・ 長期にわたる慢性症状の場合、患部に原因があるとは限りません。全身はつながっていますので、「ソフトカイロプラクティック」や「はり・灸」による全身治療をおすすめします。

 

 

                                    このページのTOPへ